• カンボジアの技能実習生の特徴

    日本にはたくさんの技術とノウハウがあります。東南アジアの各国からはそれらの技術を習得しようとする方々が頻繁に訪れています。

    カンボジアからの技能実習生も、日本では優れた技術を習得し母国でも取り入れるために日々頑張って働いています。

    日本においては介護や保育の現場で慢性的な人手不足が発生しているので、それらの職場でも働いてくれる技能実習生は非常にありがたい存在です。



    人手不足に困る日本と、技術を習得したいカンボジアというお互いの実情が上手く噛み合っています。

    カンボジアでは賃金がタイの5分の1とも言われています。



    日本で働く技能実習生がもらう研修手当はそれほど大きな額ではないですが、それでも母国での仕事に比べれば遥かに大きなお金です。


    カンボジアの技能実習生はそのことをよく知っているので非常に謙虚な姿勢で働いています。
    また、争いを好まない国民性が特徴で大人しい人が多いです。
    これはかつての日本人とも共通しており、今も日本人と波長が合いやすいと言われています。

    どんな人にもカンボジアの研修生を知るならこのサイトです。

    カンボジアでは多くの国民が仏教を信仰しています。目上の方を敬う、食べ物に感謝する、八百万の神を見いだすなど日本人と同じような仏教観を持っています。真面目でひたむきに働く姿勢は各所で高い評価を受けています。

    加えて手先が器用な方が多いのも特徴です。

    日本人と同じく細かい作業を厭わず、最後まで根気強く行います。


    このおかげで技能習得が早いとも言われています。