• カンボジアの技能実習生を自社に活用

    この日本では、年々少子化が進み、若い労働力が減っていると言われている現代において、海外人材を積極的に採用するケースも増えてきました。
    中でも、東南アジアには若い人材も多く、日本で働く事を希望している人が多い特徴があります。



    そんな中、カンボジアからの技能実習生を日本へ招く制度があり、日本企業でカンボジア人を雇用する事が可能です。

    いくつか条件等はありますが、現地で研修やトレーニングを受けた人材となり、現地で面接をして採用を決めることも可能です。
    主に現地の研修内容としては、技能に関する知識や技術、そして日本語の研修となりますが、数ヶ月間の研修のため、流暢な日本語が話せる人材は少なくなります。

    カンボジアの外国人研修生の情報ならお任せください。

    簡単な挨拶程度の日本語を覚えたカンボジア人となりますが、日本へ来日後語学習得に励む人も多く、中には英語でコミュニケーションがとれる人材もいる程です。
    技能実習生は最長3年間の雇用が可能となっており、企業の従業員数に応じてこようが出来る人数が異なってきます。

    例えば、カンボジア技能実習生を3名雇用可能な企業の場合、1年目に3名を雇用し、2年目、3年目も3名ずつ雇用した場合、3年目には計9名の雇用となります。



    そして、4年目には1年目に雇用した人材が帰国しなければいけないため、再度新規で3名雇用した場合、常に計9名の人材が働く事となります。

    この様に海外の実習生を雇用する事で、社内に新しい雰囲気を作り出すことも出来るメリットもありますので、一度実習生の雇用を検討して見てはいかがでしょうか。