• 日本から帰った技能実習生がカンボジアですることとは

    日本から帰った技能実習生は、まずカンボジアの故郷に戻り家族に顔を見せます。家族は技能実習生が無事にカンボジアに帰れたことを喜び、豪華な御馳走を作ってその労を労います。

    カンボジアの外国人研修生の情報をお知らせいたします。

    数日ほど家でゆっくりした後、技能実習生はカンボジア内へ自身が学んだことを伝えるため行動を開始します。

    自動車部品工場で働いていた場合は、故郷から通える位置にある部品工場へ働き始めます。
    日本よりも工場内の環境は良くないですが、その環境を良くさせるため尽力していきます。


    工場内の状態が良くないと、従業員のやる気を出せないため、部品を生産する効率も自然と落ちてしまいます。


    なので、それらを改善させようという動きは、結果として会社の利益につながることと言えます。
    それらの話を工場長に伝えると、びっくりしながら承諾してくれるはずです。
    飲食店に勤務していた時は、カンボジア内で営業している料理屋に勤め始めます。

    店内が暗い雰囲気だった際は、日本流のやり方を真似て、可能な限り店内を明るくさせようとします。周囲に観葉植物を設置したり、店内の隅々まで綺麗に掃除します。
    すると、店が綺麗になったことから、お客が次々にやってきます。


    店長は大喜びしながら技能実習生を好待遇してくれます。
    日本の農家で働いていた時は、野菜の出荷や果物の収穫を手伝っていたと思われます。



    大量に出荷する何らかのコツを学んでいた場合は、カンボジアの農家でも生かせるので、戦力として活躍できます。



  • 身に付けよう

    • 現在の日本は、かつてないほど企業が人材難で困っています。仕事がないわけではなく、人材が不足しているから仕事を断らなければならないという企業もあるほどで、特に若い世代の人たちが少子高齢化のお陰で人口が少なく、新卒で採用するのも大変な状況になっているのです。...

  • 専門知識

    • 日本にはたくさんの技術とノウハウがあります。東南アジアの各国からはそれらの技術を習得しようとする方々が頻繁に訪れています。...

  • 社会の情報まとめ

    • カンボジア人にとって日本は経済面で最大の援助国として信頼のもてる国です。また日本製品に対して尊敬や憧れの感情を抱いておりいつかは日本で働いてみたいと思っている人は少なくありません。...

  • 詳しく知りたいなら

    • この日本では、年々少子化が進み、若い労働力が減っていると言われている現代において、海外人材を積極的に採用するケースも増えてきました。中でも、東南アジアには若い人材も多く、日本で働く事を希望している人が多い特徴があります。...