• 優秀なカンボジアの技能実習生

    現在の日本は、かつてないほど企業が人材難で困っています。仕事がないわけではなく、人材が不足しているから仕事を断らなければならないという企業もあるほどで、特に若い世代の人たちが少子高齢化のお陰で人口が少なく、新卒で採用するのも大変な状況になっているのです。



    大企業などは、数少ない優秀な人材を採用しようと必死になり、特に新卒採用では他の企業との奪い合いをしているようです。
    中小企業や零細企業などは、通常の採用をすることも難しいのが現状です。最近では、ネット通販が盛況ぶりを見せていますが、ユーザー側から見ればネットの世界で遠い場所にあるショップの買い物も楽にできてしまいますが、それらを運ぶ運送会社では、人材難の上に仕事量が増えてしまい、大変な苦労をしているのが実際なのです。

    カンボジアの人材派遣の情報サイトはこちらです。

    このような現状を打破するべく、現在では海外からの技能実習生を受け入れて対応している企業が増えてきています。自社で直接探してきたり募集をするよりは、グローバルな人材を扱う企業が現地で研修を行い、紹介するという形をとっていることがほとんどです。


    昔は中国人が多かったのですが、中国は現在では経済発展をしたために、日本で働く必要がなくなってきているため、技能実習生も減少しました。
    現在注目され、多くなっているのはカンボジアです。

    カンボジアは現在、20代の人口が他と比べて多くなっており、人材が豊富です。

    そして、働いて稼ぎを欲しい人が多く、研修を受けて技能実習生として日本へやって来たいという人も多いのです。企業も質の良いカンボジア人を望むケースが、どんどん増加しています。