排水口つまりについて思い出すこと

排水口つまりの事はよく皆様もあると思いますが、その時、どんなことを思いながら排水溝にたまったゴミなどを取り除いているでしょうか。おそらく、めんどくさいなぁとか汚いところに手をやって取り除くのがしんどいなぁなどと思いながら、そのようなことをやっていることと想像します。排水口つまりに溜まったゴミを見ていると、どうして普段からきちんと掃除していないのだろうと感じる読者の皆様もいることでしょう。それこそが、排水溝にたまったゴミの本当の役割かもしれません。

排水口のゴミは、結局のところ、塵も積もれば山となり詰まってしまい、ひいては水が溢れ出してしまう大惨事につながります。結局のところ、排水溝は鏡と一緒と思えばいいのです。排水溝にたまったゴミは、皆様を正直にに移した映し出すことができます。このように、排水溝が詰まった際、一息ついていろいろこれまでのご自身の人生について考えてみるのはどうでしょう。

排水溝が詰まることと、人生が詰まる事を掛け合わせるなんて、何か不吉だなぁと最初は思ってしまうかもしれませんが、結局のところそれぞれの動作や意識の高さ低さが、排水溝に詰まったゴミとなって現れると思えばいいのです。そんなことを考える余地はあるのではないでしょうか。このようにとりとめのないことを考えてしまうと、何もかもが日常から逃れたくなってしまいますが、そんな時は排水口つまりを思い出し、実際にそれを見てご自身の今の行動を改めて見ると言うのはいかがでしょうか。このように排水口のゴミや排水口つまりと言うものは、ただ単に厄介として処理するのではなく、自分自身の心に溜まったゴミとして考えてみると、生活がより充実したものになるのではないかと想像します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です