排水口つまりの原因となる物質とは

排水口つまりは水周りを使用している以上、自然現象として発生します。排水口には水を流すだけでなく、身体から出た皮脂、洗浄剤の残り、髪の毛なども流れていきます。これらが経年の影響もあって固まっていくので、安易に落とせなくなるわけです。排水口つまりは突発的に起こるのではなく、徐々に流れが悪くなって違和感を覚えるようになるのが普通です。

例えば洗面所で洗髪をしているとき、普通にシャワーを使用しているのに水が溢れてくるような場合、排水管が細くなっていると考えられます。排水口自体は広いので、ここが汚れで塞がるという状況はほとんどありません。もしあるとすれば、固形物が引っかかってしまう状況でしょう。汚れが蓄積していく場合は、少しずつつまりが進行するのに対して、固形物が関係している場合は急激につまります。

例えばナイフやフォーク、アクセサリーなどを流してしまうと、急につまることが多いです。排水口つまりの原因は自分で特定できないケースもあり、例えば知らないうちに固形物を流してしまうような状況です。キッチンの排水管内を調べたら、ナイフやフォークが出てきたという事例は意外とあります。排水口つまりの問題点は水が流れにくくなり、水周りの使用において不都合が生じることです。

また固形物によって完全につまれば水が逆流し、手洗いすらできなくなるケースがあります。ほかにも排水管内でのつまりが原因で、排水管が破損する事例もあるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です