排水口つまりの原因と対策方法

まず排水口つまりの原因は場所により異なります。台所の場合は油、洗剤の溶け残りや食べカスにより、ドロドロの状態となってしまいます。それらが蓄積された結果、パイプの中に付着して、排水口が詰まりやすくなってしまうのです。また生ゴミの臭いもしてくるので、対策方法はマメに掃除をして汚れを落とすことと言えるでしょう。

きちんと掃除をしていても臭いが気になる場合は排水口専用の洗剤を使用することをお勧めします。次に風呂の場合は髪の毛、石鹸カス、体を洗った時に落ちた皮脂や垢が排水口つまりの原因と言うことが出来ます。排水口用のネットを使って流れるのを防いでも排水管の奥に進んでしまうケースは少なくありません。石鹸カスはパイプ内部に繁殖して、ヌルヌルの状態となり、さらに髪の毛が付着した結果としてつまりが発生します。

風呂場の排水口が詰まると洗い場に水が溜まってしまうので、早めに掃除をするのがポイントです。洗面台のつまりは髪の毛、ヒゲ、垢と脂、石鹸カスやヘアピンが落ちて起こることが多いと言えます。洗面台は、下水道、汚水の臭いを防止する排水トラップがありますが、その部分に石鹸カスが蓄積されてしまうと、排水口がつまってしまいます。基本的に排水口つまりはパイプクリーナーを使用して対策することが出来ます。

また日々の手入れで重曹やクエン酸、ラバーカップなどを使用することもお勧めです。それでも改善しない場合は、業者に任せれば頑固なつまりを解決してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です