家庭用浄水器はデザインや浄水方法で価格帯が異なる

新築やリフォームをきっかけとして、家庭用の浄水器を導入することを考えている人も多いものです。新しく快適なシステムキッチンの設置に合わせて雰囲気や使い勝手を検討し、より良い浄水器を購入したいものですが、価格帯が幅広く浄水機能にも違いがありますので、しっかりと調べて納得してから購入することがおすすめです。最初に、デザイン面を重視するか、コスト面を重視するか、浄水機能を重視するかを明確にして機種選びを行うことがベストです。家庭用の浄水器は、据え置き型や蛇口直結型、ポット型などに分けられますが、設置スペースや見た目の関係から最もすっきりと設置できるのが蛇口一体型、あるいはビルトイン型の製品です。

取り付けが簡単であるのは蛇口直結型、設置するスペースを広く確保しなければなりませんが、浄水性能や機能性のある水を生成できるという点で優れているのが据え置き型となっています。またポット型は設置工事が必要ないということや、持ち運びができるという点で接続工事が必要な他のタイプの製品とは分けて考えると良いでしょう。2台目として、あるいは持ち運び用とする人が多く見られます。浄水方法はフィルターを使用して浄化するというシステムは共通であるものの、活性炭を利用したもの、セラミックのもの、高性能な繊維質のフィルターを利用したものなどさまざまです。

除去できる物質の数や、生成できる水量、カードリッジの交換時期やコストなどを総合的に比較検討して導入する家庭用浄水器を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です