家庭用浄水器の必要性

昔は、喉が渇けば、水道水を普通に飲んでいました。不味いと思うこともなく、安全性を疑うこともありませでした。しかし、いつ頃からか、水道水をそのまま利用する人は少なくなりました。理由は、水道水のもととなる河川が汚染されたこと、利用者の味覚が良くなったことなどが考えられます。

家庭用で利用するお水は、飲食で使用しますので、第一に安全性が確保されていなければなりません。有害物質を含む水道水をそのまま利用する人は少ないのが実状です。そのために、ほとんどのご家庭で浄水器を利用しています。水道水は安全性を確保するために、浄水場で殺菌処理をされていますが、その際に塩素を利用します。

残留塩素が残った状態で、水道水が提供されていれば、安全な水だとは言えません。塩素の他にも錆や細かなゴミなども含有されています。小さいお子様がいるような家庭では、特に水の安全性を求めて、有害物質を取り除く性能の高い浄水器が利用されています。家庭用浄水器にもさまざまな種類があります。

シンクの下に設置する商品、シンクの近くに配置する据え置き型、蛇口に直接取り付ける蛇口直結型です。最もコストパフォーマンスが高いのは、蛇口直結型の浄水器です。お近くのホームセンターなどで手軽に購入することができますし、ご自身で簡単に取り付けることができることやメンテナンスも簡単なことが理由です。家庭用で利用するお水は、常に浄水である必要はありません。

飲用や調理をする際に浄水を利用し、その他食器洗いなどは水道水でも良いのです。蛇口直結型の商品は、水道水と浄水の切り替えレバーなどが付いていますので、フィルタ―の寿命を長くすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です