雨漏りが起こった時の応急処置

雨漏りというのは、突然起こります。台風やゲリラ豪雨など、強風や大雨が続いた後などに、屋根や外壁のひび割れ部分などから雨水が浸入してしまい、突然雨漏りが起こることがあります。こういった雨漏りは、放置していると建材を腐食してしまったり、家財に被害を与えることになってしまいますから、できるだけ早く修理を行う必要があります。修理業者に連絡をしても、すぐにきてくれるわけではありませんから、それまでは自分で応急処置を行う必要があります。

自分でできる応急処置は、天井からぽたぽたと雨水が落ちてきている場合には、下にバケツをおいて、室内が濡れるのを防ぐことが大切です。窓やサッシから雨漏りをしている場合には、雑巾をおいて水を吸い取るようにしましょう。その際は、カーテンを取り外しておいた方がよいでしょう。屋根から雨が浸入している場合には、ブルーシートを使って屋根の応急処置を行うと大変便利です。

大きめのブルーシートで広範囲にかぶせることができますから、雨の浸入箇所が特定できない場合でも、効果的です。その際は、ブルーシートが風で飛ばされないように、土嚢袋などのおもりをおいてしっかりと固定することが大事です。また、ホームセンターなどでも購入でき防水テープを使って、雨の浸入口をふさぐことも可能です。雨が浸入している箇所周辺を、雑巾などできれいにふき取った後、防水テープを貼っていくだけで雨の浸入を抑えることができます。

ただ、広範囲に貼ってしまうと、雨水の経路が変わってしまい、新たな箇所から雨漏りが発生してしまったりしますから、十分注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です