雨漏りが起こった時に行うこと

雨漏りは突然起こってしまうように思いますが、屋根や外壁などから浸入した雨水が徐々に家の内部に浸入し、天井などに染み出して初めて気がつくケースが多く、突然雨が浸入するというわけではありません。雨漏りの原因のほとんどは、経年劣化や家の老朽化になりますが、それ以外にも、台風や大雪などの自然災害によっても起こることがありますから、まだ新しいからといって築年数の浅い物件が雨漏りを起こさないとは限りません。自然災害で起こった雨漏りは、火災保険で補償される可能性がありますから、一度保険会社に相談してみるとよいでしょう。保険金を受け取ることができれば、修理代金にあてることができます。

ただ、経年劣化が原因で起こった雨漏りというのは、火災保険の対象外となりますし、自然災害が原因で起こった場合でも、長期間放置してしまうと、原因を特定することができず、経年劣化と判断される場合がありますから、火災保険の申請を行う場合には、速やかに行うことが大切です。また、経年劣化が原因であっても、できるだけ早く修理を行わないと、被害が拡大してしまいます。コーキングのはがれや、スレートのひび割れなど原因がはっきりとわかり、修理も簡単なものであれば、数万円程度の修理費ですみますが、内部にまで腐食が進んでいるような重度な症状の場合には、屋根の葺き替えなどの大がかりなリフォームとなり、数百万円程度の高額な費用がかかる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です