雨漏りが発生する前に知っておくこと

雨漏りが発生する場合、たいていは天井から水がたれてきて気がつくことが多くなります。また、天井にシミができており様子がおかしいと感じだ時に初めて雨漏りであることを認識します。実はこの段階ではかなり症状は悪くなっていることがほとんどです。この時知っておきたいのは、すでに雨が染み込んでから時間が経過した状態で、結構劣化が進行している可能性が高いです。

雨漏りが発生した場合、初期段階では自分で修理をすることができないわけではありません。ですが、ほとんどの人が初期の段階で気がつくことが難しく、ある程度進行してから気がつくことになりますので、あまり自分で修理できるときはそれほどありません。よほど技術的に優れた人であれば修理をすることができますが、そうでなければまず業者に依頼した方が良いです。雨漏りが既に発生している場合、その段階から急に状態が良くなる事はありません。

晴れてる日が続けば雨漏りが全く気にならないので修理をしようと思わないかもしれません。ですが、晴れている間にも天井の中は湿っぽくなっており、少しずつ状態が悪化していると思って間違いないでしょう。天井の異常が発生したとわかった段階でできればその日のうちに業者に依頼をした方が良いです。時間が経過してから業者に依頼すると、修理や交換をする範囲が広くなってしまいます。

すると、予想外にお金がかかってしまうことも考えられます。修理費用が10倍ぐらいになる可能性もあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です