雨漏り修理にかかる費用

雨漏りが起こった場合、どのくらいの修理費用がかかるのかわからず、依頼するのを躊躇してしまうというケースも少なくありません。事前にある程度の費用相場を知っていれば、安心して依頼することができるのではないでしょうか。瓦屋根から雨漏りをした場合、修理費用は10~25万円が平均の価格帯となっています。ただ、屋根の形状や立地条件、既存瓦の劣化度合いなどによっても、価格は変動します。

被害が内装にまで広がっている場合には、天井の張り替えが15~25万円ほどが相場となっています。雨漏りは、屋根だけではなくベランダから起こる場合もあります。10㎡未満のベランダであれば、修理費用は8~15万円ほどが平均の価格帯となります。ただ、下地の補修も必要となった場合や室内を通って工事ができないような場合には、昇降用足場の費用が別途かかります。

雨漏りの原因が一カ所ではなかったり、柱や梁などの駆体にまで被害が進んでいるような場合には、かなり大がかりな修理が必要となり、100~200万円ほどの費用がかかる場合もありますから、できるだけ早く見つけることが大切です。修理は専門の業者に依頼する必要がありますが、すぐに来ることはできませんから、それまでは応急処置として、ブルーシートや防水シートを用いて、雨の浸入箇所を覆ったり、バケツで雨水を受け取るなどの応急処置を施すことが大切です。ただ高所での作業は大変危険ですから無理をしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です