火災保険は雨漏りを補償してくれるのか

火災保険は、火事や水災、風災、雪災、雹災、落雷などの自然災害によって起こった損害を補償してくれる保険で、住宅を購入した際には加入することになっています。ただ、火災保険という名前から、火事だけしか補償してくれないと思っている人も多く、実際は火災保険が適用されるケースもありますから、雨漏りの原因をきちんと判断することが大切です。雨漏りの多くは、経年劣化や老朽化によって、壁や屋根にひび割れやずれ、はがれなどが起こり、そこから雨水が浸入しておこります。こういった経年劣化や老朽化によって起こった雨漏りというのは、火災保険では補償されません。

ただ、強風によって瓦がずれてしまったり、飛んでしまった。飛来物によって外壁に傷がついてしまい、そこから雨がしみこんでしまったというようなケースは、自然災害と判断され火災保険の適用となる場合がありますから、保険会社に連絡をするとよいでしょう。火災保険を申請する場合には、修理の見積書や被害箇所の写真なども必要となりますから、きちんと準備をおしておく必要があります。また、災害から時間が経過すると、因果関係を証明することができず、経年劣化と判断される場合もありますから、雨漏り被害に気づいたら早急に申請をするようにしましょう。

また、経年劣化で起こった雨漏りであっても、できるだけ早く修理を行うことで、修理費用を抑えることができ、時間が経過するほど被害が拡大し、費用も高額になってしまいますから、早めに修理を依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です