まずは雨漏りに対する認識を変えましょう

雨漏りと聞いて多くの方が連想するのは、一戸建て住宅の天井などからポタポタと雫が落ちてくる状態ではないでしょうか。そして、雨漏りの原因は、屋根に穴が開くなどして、そこから雨水が住宅に入り込み、下へ落ちてくるのだと単純に思っていることでしょう。ところが、その一般的ともいえる認識は、専門家の目から見ると大いに問題があると考えられています。実際、屋根に穴が開いてしまって、そこから雨水が滴り落ちてくるのは、雨漏りの現象としても、末期的な状態だといっても過言ではないからです。

つまり、通常専門家が考える雨漏りは、屋根の劣化もさることながら、外壁や窓のサッシの隙間など、住宅を構成している外側部分のあらゆるところが劣化して、徐々に雨水が染み込んでくることが、原因だと考えられているのです。一戸建て住宅などを新たに建てた当時は、素材も新品で、防水加工された性能も100%を維持しています。しかし、太陽光線や熱、雨や風といった厳しい自然環境の毎日さらされている屋根材や外壁材、防水性能の向上のために隙間に埋め込まれるコーキング剤などは、日に日に劣化が進んでいます。そして、素材の劣化によって、雨水が知らず知らずに少しずつ染み込んでいるのです。

最初のうちは、雨水が染み込んでも浅い部分だけなので、簡単に乾きます。けれども、何度もそれが繰り返されると、次第に深い部分に染み込んでいき、結果的に住宅の内部に入り込み、躯体などを腐らせる結果となり、それが雨漏りと表現されるのです。水漏れつまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です